足首脱臼骨折入院8-18日目:車椅子やたら上達、腫れの引き具合、装具採寸への道

こんにちは、ひにしです。全然入院生活続行中です。
手術2日目と4日目の比較
f:id:sunwest1:20190805175629p:plain

だいぶ腫れは引いてきた。一気に腫れたから足の皮膚が腫れが引いたことによって、シワシワになっている。

人体すごい。

ここからさらに腫れは引いて、現在ではほぼ怪我していない方と足首以外は変わらない状況まで来た。
手術後2週間経っても、そこそこ足首痛い。

看護師さん曰く「いやーなかなか複雑に折ってるからね。焦っちゃだめよ」とのこと。道は険しくそして長い。


とりあえず、足首はこんな状況らしい。
f:id:sunwest1:20190805175758p:plain
うん、なんかプレート的なのとネジ的なものでがっつり固定されている。

とにかく、足の筋肉が日に日に落ちていることがわかる。
無事な左足も、右足のふくらはぎもフニャンフニャン。

いつもあんなにパンパンなのはむくみだけじゃなかったのだと痛感。

この数日でだいぶいろんなことができるようになった。

1)足にカバーをしてシャワーに入れるようになった

最高of最高。
自分で頭を洗える、体を洗える、なんて素晴らしいのだ
できる限り看護師さんの力を借りずに一人でやるんだけど、これは家に帰ったらどうやって風呂に入ったあと、片足けんけんのみで服を着たりできるのか、マジで不安。

あ〜銭湯とかいつ行ける体になるんや…

2)車椅子の扱い、だいぶ上達

これが私の相棒。
f:id:sunwest1:20190805175915j:plain
こいつに乗って、主に売店やリハビリや部屋とを往復している。トイレにもこれで行く。

調子に乗りすぎて、こんなことにもなった。


一人でどうにか車椅子復帰できたから、朝まで特に報告せずにいた。

看護師さんに朝になって変わったことはないか?と聞かれたので報告。


むちゃくちゃ怒られた。


特に足には異常なかったが、病棟全ての看護師さんに会うたび気をつけろと言われるように。

実はその後も転倒して、足首に全体重をかけるというご法度をやってしまう。
すぐに調子にのる性格を改めないともうだめだ。

車椅子は奥深い。あと、リハビリの影響もあるけど、タイヤを漕ぎすぎて腕が常に筋肉痛。ある意味筋トレ。

3)寝れるようになった

想像以上に枕が合わないわ、腰が痛いわで死んでた。
そこで、家で使っているテンピュールの枕とこの押し当てるマッサージくんを手に入れた。

疲れた腰やお尻の上の方にこいつを押し当て続け、緩めて、いつもの枕に変えたら……

最高に眠れるようになった。枕とこのちょっとしたほぐせるもの、個人的にはオススメすぎた。

腰枕的なものも余裕のある人は持ってくると多分ラク。長期の入院はマジで腰の痛みに悩まされる。これは辛いぞ。

そして、今回の症状の場合、
・手術から半月は患部の足首を曲げられず
・1ヶ月は体重をかけることができない

その後少しずつ足にかける荷重を上げていくのだそう。そのためにとても大事なのが”装具”の存在だ。

装具はざっというと、
・足に装着して、体重をかけなくても両足がつけるようになる。
・荷重の調整も可能
松葉杖をついても、両足がつけるだけで全然楽らしいので、
マジでまたコケたら危険ということもあり、この装具を作ることにした。

ただ、この装具、ある程度腫れが引かないと採寸ができないことと、装具を作ってくれる業者さんが週に2回しか来ないので、タイミングをミスると退院が遅れていく。

しかも、8月はお盆があるため、一歩タイミングをミスると退院が2週程度遅れる危険が。(装具は出来上がるまでに1週間はかかる)

どうにかして、お盆より2週前に採寸をせねば…
私の夏が……完全に終わる…!

毎日足を膝より高くして血流を良くして、足の腫れが引くことだけを全力で祈っている毎日を送ったが、無事採寸までこぎつけることに成功した。

あとは、
・装具の到着を待ち
・装具の取り外しの練習と歩行のリハビリ

これを行いOKが出れば退院できる模様。(退院日は未だ未定)

とにかく、頑張るしかない。
あとは、足首骨折経験者から絶対買った方が言われているキャスター付きの丸椅子などを購入して退院の日を夢見ようと思う。

足首脱臼骨折入院5-7目:足関節観血的手術、激痛、リハビリ開始

こんにちは、ひにしです。

やっとブログを書けるまで回復した。
全身麻酔と神経ブロック麻酔で行なった手術当日、翌日の白目を剥く激痛と唯一効いた痛み止め、やっと開始したリハビリの話でもしようと思う。

今日で骨折してから1週間。
1週間前に戻って自分に会えるのならば、

「スニーカーを履いて出掛けろ」

心の底からそう伝えたい。

さて手術から、5日目。
やっとアイアンメイデンみたいな保護柵と
f:id:sunwest1:20190725202817p:plain
4kgの重りに吊られた右足を解放され手術を行うことに。先生曰く「派手に折れている」ということもあり、手術は3時間程度かかるとのことだった。手術の名前は足関節観血的手術

午後2時前から始まった手術は、病室に戻ってきた頃には夜の6時になっていた。麻酔からは覚めたが、右足の感覚は股関節の付け根からつま先まで全くない。

そんな変な感覚を抱えてはいたが、痛みは不思議と感じず、尿道に入れた自動的に尿を出す管がなんだか調子悪いことに振り回されていた。(無理を言って抜いてもらった)お腹がずっとトイレ我慢している感に支配されるためだ。

翌朝。尿の管もないので、本来足の痛みがなくなってから行うべき、車椅子でトイレに行って自分で用を足す。という行為をいきなり行うが、割とスムーズにできてとても嬉しい。これでオムツも終わり。パンツ、解禁だ。


そんな開放感でパァァとしていたが、この後地獄のような痛みが襲い続ける。正直点滴も飲み薬も、別の点滴も一切効かない。

f:id:sunwest1:20190725203353j:plain
包帯を取り替える隙に撮影。めちゃめちゃ腫れている

折った時より少なく見積もっても3倍は痛い。ネトフリを見る気すら起きない。夜まで半分泣きながら耐え続けて、夜勤の看護師さんに「痛くて痛くてもう何もできない。とにかく痛い」と涙ながらに語ったところ、座薬の注入がなされた。

これにより、嘘みたいに足首は痛まなくなった。

座薬 is really great!!!!!!!

一転して手術2日目(入院7日目)は痛み止めを一度も使わずほぼ快調な日々を過ごせている。とにかく動きたいので、リハビリが始まってとても嬉しい。

f:id:sunwest1:20190725203311j:plain
だいたいこんな感じで常時固定と冷やしが加えられている
最近筋トレとか頑張っていたので、言われるメニューはすべてこなせる自分にガッツポーズだ。

7日目は地元の友達がお見舞いに来てくれた。
彼女は高校3年の時にバイクで事故って足を開放骨折(骨が外に飛び出るやつ)、全治6ヶ月を負い高校を1年遅れで卒業する羽目になる。という、骨折分野におけるさまざまな面の大先輩なので、”わかっている”差し入れを頂戴し、地元の話を少しして帰っていった。

自分も彼女の骨折のお見舞いに18歳くらいの頃に行ったなあ…と思い出し、お見舞いの輪廻を感じる。

骨折経験者の方々からDMなどいただくがすごくありがたい。こんなおっちょこちょいの私にみんな優しいなあ。

初日のリハビリは簡単な筋トレとあのドラマとかでよく見る平行棒みたいのを持って松葉杖の練習をするやつ。筋トレは軽くこなすも、平行棒はコツが必要みたいでちょっと苦戦。「もっとなめらかに!」「もっとすいーっと」とダメ出しが。

明日も頑張ろう。

車椅子で一人でトイレにも行けるようになり、院内であれば動き回れる許可を得たので明日からは積極的に車椅子暴走族になろうとおもう。(暴走はダメ)

あと謎に面会時間が22時までと結構遅いので会社帰りに突然ひまになった!みたいな友人各位は連絡をくれるとうれしい。

足首脱臼骨折入院4日目:赤ちゃんの頃以来の経験をする、自己肯定感ムダに高まる

こんにちは、ひにしです。

入院は何度か経験があるものの、全くベッドから動けないのは初めてなので、一番どうして良いかわからなかったのが排泄。

小は尿道に管を直接入れるから、まあ勝手にやってくれるとして、問題は大の方。

聞くと選べるパターンは2つ。

1)大人用オムツはしているから、オムツに出す
2)差し込み便器をお尻の下に敷いて出す

このどちらか。

大概が(2)で試して、どうしてもダメな場合、(1)ということになるんだそう。

私もとりあえず(2)のパターンで試してみた。

ってか、「差し込み便器」って言われるから、お尻の穴に何かを刺すのかと思ったら、そういうことじゃなかった。安心した。

f:id:sunwest1:20190722170506p:plain
これが「差し込み便器」これを、お尻の下に置く。

寝ながら大きい方をする。

これですね、赤ちゃんの頃以来やったことがないから、どこにどう力を入れて良いのかさっぱりわからない。パラマウントベッドを起こして、いつもの体勢に近づけてがんばったり色々したけど、初日はギブアップ。

座薬により強制的な力をかける。

それで、良い感じになってきたのもつかの間、その真っ最中に先生が手術の説明に来ちゃって、内心大慌て。

ムッチャ普通の顔しながら、手術の説明聞いているけど、タオルケットの下は”それ現在進行形”な訳で。

「これは何のプレイなんだろう…」と思わずにはいられない、多分今後もほぼ経験しないような、「大をしながら平然と人と話す」というバージンを捧げた。


それにしても、整形外科の入院患者は圧倒的に高齢の方が多い。だからか、ちょっと腰を自力で上げられたり、足が固定されながらも自分で動けると、「さすが、若いわね!」「若いから動けるわね!」と30代半ばになってもうなかなか言われない、「若いわね!すごいわね!」コールのシャワーを浴びることができる。

大したことしてなくても、ものすごく褒められる。

まさか骨折して、自己肯定感をこんなに高めてくれるとは
全く想像がつかなかった。

最近自信がない30代、40代は派手に骨折すると良いのかもしれない(全然良くない)

足首脱臼骨折入院3日目:銅線牽引がすごい・必要な持ち物

どうも、ひにしです。

足首脱臼骨折して、丸2日経った。

・銅線牽引がすごい

足首が骨折して、そのまま入院となったのですが、「ずれた骨を牽引して重りで引っ張り正しい位置に戻す」という、なかなかに原始的な方法を施された翌日、ずれた骨の状態を確認すると…
f:id:sunwest1:20190721192713p:plain
ちゃんと足の形になっている……!
もちろんこれでOKではなくて、このまま手術までちゃんと吊られた状態を保ってキープしないとダメ。

これが地味につらい。

かかとの上に銅線入っているから、動かすと痛いし、人の足は開くようにできているから、気づくと外旋って言って、外に開いちゃうし、自分でも微調整しながら、上向きにするんだけど、これがなかなか痛い。

そして、重りをつけているから徐々に下に引っ張ら手ズルズル落ちちゃうから、定期的に看護師さん3人がかりで持ち上げてもらう必要もある。

自分でズリズリ上がることもできるんだけど、ただでさえ脆い状態の右足首で4kgとか5kgの重りを引っ張り上げることになるので、あまり、ひとりではやらないでねと言われる。

そう言われれば確かにそうだ。

あまりに一人で引っ張り上げすぎて、骨にまたダメージを与えてしまう人もいるらしい。

これは注意でしかない。

・手術前には全てのネイルを落とす必要あり

ジェルネイルをしたままの状態だったので、看護師さんから「手術までに全部落としてくださいね」と言われるが、当然そんな道具もない。

聞くと、病院にネイリストさんを呼んで落としてもらうことすらあるらしい…。

そこそこ道具も必要だしどうしようと悩んでいたら、
f:id:sunwest1:20190721192756j:plain
今日ふらりと見舞いにきたついでに友達が手持ちの道具でジェルネイルをオフしてくれた。

普通のOLなのに…。


今後あるかどうかもわからない彼女のバージンを奪ってしまった。
「いつかお前が骨折して、ネイルのオフが必要になったら、いつでも行く」と固く約束をした。

そして、急に入院をするととにかく何もないので様々なものがない。当然動けないので自分では動けない。

都度買い物を頼める親族などが近くにいる場合は良いがそうもいかない人もいると思う。

とりあえず、手術までに必要な物品は私はこんなところだった。売店の人に頼んだり、友人に頼む時の参考にしてみてほしい。

・入院初期に必要なもの

・浴衣的な服
→レンタルができると思う。私の場合大小のタオルもセットで1日300円程度だったので借りることにした。
・大人用オムツ
サイズは看護師さんに聞いてみよう。
・尿パッド
・携帯の充電器
・携帯電話
・PC(必要な人は)/充電器
・イヤホン
・ペットボトルにつけるストロー
・マグカップ
・歯ブラシセット
・ドライシャンプー
・目の粗いクッションブラシ
洗顔セット
・TVカード
・シャンプーリンスセット
・ボディソープ
・水とかお茶(マメにお願いできないなら多めにお願いしておくのおすすめ)
・暇つぶしの本とか漫画とかネトフリ観賞用のipadとか

こんなところだろうか。
男性はブラシとかいらないと思うが、ドライシャンプーを使うときに髪長めの人はあったら便利と思う。

シャンプーとかボディソープはしばらく出番がないがまとめてお願いするならお願いしておくのが良いだろう。

TVカードはTVを使わなくても、冷蔵庫を使うのに必要でお見舞いにもらう冷蔵品を冷やしたり水を冷やすのに必要なので、数枚あると安心だ。

持ち物で気付いたと思うけど、足が牽引されているので排泄行為も全てベッドの上になる。これがなかなかサバイバルなので、この辺りは明日。

※同室のおじいちゃん、普段はおとなしいのだが、相撲の時間になると相撲を見ながら絶叫して応援を始めるのが聞こえてくる。イヤホンをしてTVを見ているので、私にはじいさんの「よし!よしよしよーし!うおー」みたいな声しか聞こえてこず、最初は何が起きたのかと思った。

※今日は選挙だったので、こんなことを思った。障がい者の方ってどうしているんだろう?とそんなこと考えたこともなかった自分に気付いた。

足首を骨折して、突然3週間の入院を言い渡された

どうもこんにちは、ひにしです。

まだ若干実感が湧いていないんですが、昨日駅の階段で足首を骨折して救急車で運ばれて、いきなり入院することになりました。

ちなみに、担ぎ込まれた病院で撮影したレントゲンはこちら。
f:id:sunwest1:20190720164330j:plain
外側は完全に骨の位置がありえない方向にいき、

f:id:sunwest1:20190720164355j:plain
内側は骨がぱっかーんと割れたみたいです。

・何がおきたのか

仕事先の最寄駅の階段をそこそこ高めのヒールの靴で急いで降りてる最中、グキッと行って、もうそこから立てなくなったのを記憶しています。幸い階段で座れたんだけど、立とうとするとグニャって感じと激痛で動けなくなって、駅にいたいろんな人が駅員さんを呼びに行ってくれました。

人って優しいわ。私も困っている人いたらちゃんとしなきゃなとかぼんやり思う。

ほどなく、シュッとした駅員さんが登場。状況を手短に話すと、「多分折れてる。自分も同じように足首骨折したことある」と語られ、階段から私を下ろす手段を3秒くらい考え、いきなりちょっといなくなる駅員。

何だろうなあとぼーっと、階段の上で待っていると今度はものすごくガッチリした駅員さんが登場。「俺におんぶはできるか?」と聞かれる。

なるほど。シュッとした駅員さん、私を見て「自分ではおんぶして階段の下まで連れて行くのは困難」と見たのだろう…。

ごめんな、やせよう。そしてガッチリした駅員さん、ありがとう。

とりあえず救急車を呼ばれ、救急隊が到着。

その時点で骨折したかは定かじゃなかったけど
結構痛い中、3人の救急隊に名前とか住所とか矢継ぎ早に聞かれるので、それに答えるのに必死だし、ちょっとの揺れや段差で救急車の中でも痛くて、初めての救急車をほぼ満喫できないまま、病院到着。

・診断結果は…

多分タイミングが良かったのかな…。すぐにCTとかレントゲンとか撮ってもらえて、状況がわかり、先生から説明が。
f:id:sunwest1:20190720165417p:plain
右足関節脱臼骨折
・複雑骨折ってほどじゃないけど、そこそこ折れてる
・添え木とかじゃ無理。足に針金を通して、重りをつけて正しい位置に骨を持って行く処置をこれからする
・その後、腫れがひどくなければ来週、手術する
・入院は早くて3週間

これは仕事の調整とかやばいなー

そんなこと考えてたら、もう病棟へ運ばれる。ここで処置をされるらしい。

何をされたかというと、くるぶしの下にドリルで穴が開けられ、貫通したとこに器具を装着、その先に5kgの重りをつけられ、できるかぎり親指を真上にして固定を手術まで続ける。というやつ。
f:id:sunwest1:20190720165540j:plain

何だろう、拷問器具とか、星飛雄馬感がすごい。寝るときも片足が5kgに引っ張られているので、全然寝れないし、一歩も動けないので、おしっこの管を入れるのも辛い。

夕方から、ずっと痛い痛い言ってたら、外傷だから内臓は元気で完全にお腹空いて、買って来てもらったおにぎりを2個一気喰い…。

入院して太る…そんな悪夢が駆け巡る。

あとですね、どうでもいいんですが、病室が「13号室」なんですよ。
むちゃくちゃ不吉。

明日は拷問器具装着で、足首はどうなったかの話です。

これは絶対需要がやばい!まんだらけの「生前見積」サービスが熱すぎた

こんにちは、ひにしです。

 

こないだ中野のブロードウェイに行ってきたんですが、まんだらけってあるじゃないですか。

 

なんとなしにフラフラーっと見てたら、こんなのがありまして。

 

f:id:sunwest1:20190602233936j:image

まんだらけの生前見積。

 

通り過ぎようとして思わず二度見。

 

f:id:sunwest1:20190602234459j:image

生前見積とは、何かしらのコレクターの方で、でも今は手放せないけど何かあった時やお別れの時に他のコレクターの方は引き継いだり、買い取ってもらうための事前見積サービスらしい。

 

アニメ関連グッズとかもそうだけど、切手とかコインとかあらゆるコレクターさんたちもそりゃ高年齢化するし、これはたしかに全く思いつかなかった。

 

けど、絶対需要は増えるばかり…。さすがだな、まんだらけ…!

 

f:id:sunwest1:20190602234948j:image

事前見積した内容はお見積書の発行をしてくれるらしい。まんだらけさんが、コレクション内容を精査して、何かあった時のために役立ってくれるだなんて…。もはや感動すら覚える。

 

これって、でもエロゲとかは迂闊に見積出せないだろうな。もう見積出すくらいなら、売ってしまわないと、見積書にばっちりのるもんな。

 

まあそれはそれでいいのか。

 

でも、さまざまなオタク各位はこれ、やってみるといいんではないだろうか。

 

整理する時の目安にもなりそう。

 

ガスト/ジョナサンの1人席、作業が捗りすぎて若干怖いレベル

こんにちは。ひにしです。

今日で有休消化が終わるんですけど、来月は無職のはずなのになぜかものすごく忙しく、様々な締め切りに追われていまして。

そこそこ重たい原稿を昨日書き終えたんですけど、なんなら一昨日から書き始めて昨日書き終えたんですよ。
だいたい5000文字強くらいの。構成もちゃんと作らないといけないやつ。

普段の私ならまず集中が続かなくて、だらだらとしちゃいがちなのに!


だんだん情報商材みたいな雰囲気が漂ってきましたが、答えは簡単です。


ガストやジョナサンに増えてる1人席!!!!!!!!

最近ツイッターとかで話題で気になってたら、割と近所にあったんで行ってみたら、これがもうべっくらやばい。

f:id:sunwest1:20190531103825j:plain
こういうもう一人専用ブースみたいな、自習室感ある作り。
f:id:sunwest1:20190531103911j:plain
このブースに、電源2つ、呼びボタン完備。フリーのWi-Fiも結構快適。
ドリンクバーを頼めば400円ちょいで超集中空間できる。

Wi-Fiが1時間ごとに切れて、メアド入れ直すのめんどいけど、ある意味もう1時間経ったのかって時間の確認もできるの地味に良い。


飲み物も最初はコーヒー、疲れたらハーブティー、ちょっと冷たいものが飲みたいな…。当然これが全て叶う。


もちろん、小腹が空いても夕飯でもすぐ食べることが可能。


え、ここは楽園?


ここで、超集中モードを発動して、そこそこ重たい原稿や調整作業が全部終わっちゃいました。
家にいたら、たぶん無理。

なんか最近めっちゃ増えているみたいで、この辺りが詳しい。
tane-maki.net

結構利用者増えているみたいだし、各ファミレスにはぜひ検討いただきたいなー
twitter.com

ガスト/ジョナサンの1人席、作業が捗りすぎて若干怖いレベル

こんにちは。ひにしです。

今日で有休消化が終わるんですけど、来月は無職のはずなのになぜかものすごく忙しく、様々な締め切りに追われていまして。

そこそこ重たい原稿を昨日書き終えたんですけど、なんなら一昨日から書き始めて昨日書き終えたんですよ。
だいたい5000文字強くらいの。構成もちゃんと作らないといけないやつ。

普段の私ならまず集中が続かなくて、だらだらとしちゃいがちなのに!


だんだん情報商材みたいな雰囲気が漂ってきましたが、答えは簡単です。


ガストやジョナサンに増えてる1人席!!!!!!!!

最近ツイッターとかで話題で気になってたら、割と近所にあったんで行ってみたら、これがもうべっくらやばい。

f:id:sunwest1:20190531103825j:plain
こういうもう一人専用ブースみたいな、自習室感ある作り。
f:id:sunwest1:20190531103911j:plain
このブースに、電源2つ、呼びボタン完備。フリーのWi-Fiも結構快適。
ドリンクバーを頼めば400円ちょいで超集中空間できる。

Wi-Fiが1時間ごとに切れて、メアド入れ直すのめんどいけど、ある意味もう1時間経ったのかって時間の確認もできるの地味に良い。


飲み物も最初はコーヒー、疲れたらハーブティー、ちょっと冷たいものが飲みたいな…。当然これが全て叶う。


もちろん、小腹が空いても夕飯でもすぐ食べることが可能。


え、ここは楽園?


ここで、超集中モードを発動して、そこそこ重たい原稿や調整作業が全部終わっちゃいました。
家にいたら、たぶん無理。

なんか最近めっちゃ増えているみたいで、この辺りが詳しい。
tane-maki.net

結構利用者増えているみたいだし、各ファミレスにはぜひ検討いただきたいなー
twitter.com

船場吉兆のささやき女将以上に声が出ない

こんにちは。

 

先日出した熱の影響からか、喉の調子は悪かったんです。まあでも痛くないし、しゃべれるし、みたいな。

 

そんな感じで、しゃべり続ける生活をふつうにしてたら何が起きたか。

 

 

 

 

全くもう本当に声が出なくなりました。

f:id:sunwest1:20190526170927p:image

 

 

 

私は子供の頃親戚から「口から生まれてきたのか」と揶揄されるくらい、割としゃべる性格なので、声出そうとしても出せないのがこんなに苦痛か、、というほどにもう、にっちもさっちもいきません。

 

いま変換見て驚いたんですが、にっちもさっちもを漢字で書くと「二進も三進も」なんですね。

 

喋ってもカスカスした声しか出ないのに、1日割とカスカスしゃべってたら、翌日また熱を出す始末。

 

医者にも薬剤師さんにもとにかく声を出そうとするなと5回くらい言われたんだけど、地味にしゃべる仕事もできないし、しゃべったとしてもささやき女将なので、大きい声は1ミリも出ない。

 

もうみんなも喉には気をつけような!ってことしか無いのと、今週の飲み会どうしよう…ってのが、目下の議案だし、「頭は真っ白」です。

 

 

 

 

 

「愛がなんだ」見てきた。映画館の暗闇の中書いたメモが8ページになってた

こんにちは、ひにしです。
f:id:sunwest1:20190522233914p:plain

こんな感じで恐怖が臨界点に達したので、一人で「愛がなんだ」鑑賞してきました。

映画を見ながらひたすら思ったことをメモに書き付けていたんですが、

感想をまとめると


10代後半〜20代の恋愛経験の”かけら”をそれぞれの登場人物がフューチャーして描かれている。だから、どの場面でも、共感と反発と締め付けられる気持ちがないまぜになって逃げ出したくなる。

てるちゃん、マモちゃん、ようこちゃん、仲原、すみれさん、それぞれみんなこの人に似ているかな?共感度が高いかな?ってキャラはいるんだと思うんだけど、それだけじゃない。



立場が変わることで、どのキャラ的な経験もみんなしているし、自分自身も思い当たる節がある。




マモちゃん役の成田凌のクズっぷりとかが話題と思うんだけど、それはマモちゃんがそういう男なのではなく、主人公のてるちゃん自身がそういう男にしているという側面もあるときちんと描かれていることが、いろんな意味でこの映画に触れる、様々な角度から客観視をする価値があるのかも。




“くる”人にはすごい”くる”、締め付けられと甘い痛み

朝方まで彼氏じゃないけど好きな男と飲んでからの一緒にタクシー乗ってSEXして、お昼までダラダラしてのそのままだらだらお散歩。二人の時間が続くことが決まってないから、確約されてないからこその、伸び続ける一緒にいる時間への嬉しくなる求める側と意識ない方の温度差。



この描写が割と冒頭にくるのが、なんというかいろんな意味で郷愁をさそいにくる。多分これは似た経験があればそのまんま、無くても共感ポイントが随所にあるから。




なんだけど、この一連の甘いような苦いような痛いような描写の空気がものすごくペタっと、いやベタっとした、まとわりつくような重さがあって、主人公のてるちゃんの佇まいを表している感覚を覚えた。




ちょっと居着いた好きな男の家で靴下めっちゃ畳んじゃったり、お風呂の排水溝の掃除ムッチャしちゃったり、こう言われたらなんでもしたいし、言って欲しい。いうことを聞きたいって感覚もすごくわかるのと同時に

自分が大して好きでもない、都合の良い人に同じように振舞われたら、多分一生好きになることはなくて、むしろ自分のために尽くしてくれれば尽くしてくれるほど興味を失うよな。って映画というフィルターを通すことでより客観視できた部分はあるなあと思った。



これは結果、テルちゃんがマモちゃんにしていることと、マモちゃんがすみれさんにしていることが同じってなわけで。


優勝は”仲原”

私が暗闇で書いたメモを読み返して一番笑ったのがここ

仲原は葉子ちゃんが好きで、自分ではもうどうひっくり帰っても抗えないレベルに好きで、だから呼び出されたらすぐ行きたいし、何されても平気って状況、最初てるちゃんと似ているんだよね。




でも、自分がその状況になっていることによって、葉子ちゃん自身が仲原への態度が残酷かどうかの区別がつかない状態になっていること、そのことにもちゃんと気づいていて。




「諦めることくらい自由にしてほしい」っていうセリフは一番刺さったかもしれない。
もう、好きなのは変えられないから、自分から諦めることくらい、自分の意思で自分の未来のために決めさせてくれよ。っていう。



もう、すごくここはてるちゃんの「マモちゃん好き」とは何もかもが違うんだよ。っていうのが全く、てるちゃんに伝わっていないのも含めて、印象的なシーンだった。




帰り道の女たち

と、印象に残ったセリフや場面はたくさんあるのですが、すごくああ、なるほど。って思ったのが、映画が終わった後、聞こえてきた周りのお客さんの会話。

20代前半の女子たち

「泣いたー」「わかるー」

30代と思しき女子たち

「ある意味でリアルじゃない」「これは自我との闘い」












うん、なんかそういうことなんだと思う。











ああ、私も「愛がなんだ」を語る女子会を今すぐやりたい。